事業案内

コンクリート内部調査

  • X線透過撮影

    X線を使用することにより建築物を破壊せず(非破壊)内部を調査することが可能です。鉄筋コンクリート造では鉄筋や電気配管等、木造では筋かいや金物等をフィルムに像として記録し、そのフィルムを観察することにより位置や形状を確認できます。コアの穿孔や鉄筋径の確認などにご利用ください。X線は精度の高い調査となっております。




  • レーダ探査

    鉄筋コンクリート造内部の鉄筋位置やかぶり厚さを電磁波法や電磁誘導法のレーダを使用してコンクリートを破壊せずに確認することができます。鉄筋間隔や位置を確認する場合にご利用ください。







ページトップへもどる

非破壊検査

  • 浸透探傷試験(Liguid Penetrant Testing:PT)

    材料表面に発生した表面開口きずに浸透液を塗布します。一定時間放置後、きず内部に入り込んだ浸透液以外を除去します。その後、現像剤を吹き付けると、現像剤がきずの内部に染み込んだ浸透液を吸い出す作用が働いて、拡大した像の指示模様となり、きずを検出することができます。内部欠陥の検出にはUTやRTをご利用ください。







  • 超音波探傷試験(Ultrasonic Testing:UT)

    探触子から発生させた超音波を材料に伝達させた際の、材料が示す音響的性質を利用した非破壊試験です。同法は材料内部の面形状を持つ割れ等の内部きずを検出するのに有効な試験方法です。また、検出精度は高い試験ですが、欠陥形状の判定は困難となります。







  • 磁粉探傷試験(Magnetic particle Testing:MT)

    鉄鋼材料などの強磁性体を磁化することによって、溶接表層面にあるきず部に漏洩磁束が生じます。微細な磁粉を振り掛け利用することで、その漏洩磁束を検出し、きずを確認する非破壊試験方法です。強磁性体の材料のみ検査可能です。







  • 放射線透過試験(Radiographic Testing:RT)

    放射線に感光するフィルムを材料の裏面側において放射線を照射すると、放射線が試験体を透過してフィルムに到達し、フィルムを感光(黒化)させます。その結果、フィルムにきずと対応した黒化像が映し出され、溶け込み不足やブローホール等の体積を持つ内部きずを検出することができます。信頼性が高い試験方法です。







ページトップへもどる

建築物総合調査・診断

  • 耐震診断

    鉄筋コンクリート造・鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄骨造・木造等の現地調査・実態調査から構造計算まで行うことが可能です。評定や各種補助金申請等のご相談もお気軽にお問い合わせ下さい。皆様の安全と財産をお守りするための調査・診断となっております。また、液状化被害調査等の震災関連の調査も承ります。







  • 劣化診断

    建築物・構造物は経年とともに、躰体や内外装仕上げおよび給排水設備等が劣化することは避けられるものではありません。それにともない、集合住宅などでは約10年おきに大規模修繕工事を予定されていることが一般です。劣化診断とは、現状の建築物・構造物の経年やその他の原因による劣化状況を把握するとともに、今後の劣化状況を推定し、長期修繕計画の修正などのお役に立つことが出来る診断です。また、戸建て住宅を含め、修繕工事前に診断を行うことで工事予算の想定や無駄な工事を執り行わないようにすることを目的として診断することが可能です。第3者機関として管理組合やオーナー様の手助けを行いたいと思います。




  • 火災被害度調査

    火災は日本全国で年間5万件超(総務省2011年発表)発生しているのが現状です。それにともない、建築物や構造物に被害を受けることになります。また、近隣にも火災の影響が広がることが多くあります。火災を受けた建築物等を今後も使用する場合や火災保険を適用とする場合においても現状の被災度状況の把握は重要なものとなります。内外装仕上げを含め、躰体への影響を各種調査により総合的に判断し、現状の被災度を判定する業務となります。





  • 特殊建築物定期検査

    ホテルやデパート、一定規模のマンションなど不特定多数の方が出入りするような特殊な建築物は、建築基準法第12条1項に定められた定期検査を行い、専門技術者による特定行政庁への報告が必要となっています。内容としては建物と劣化度や順法性の確認、消防設備や避難設備の不備など広範囲にわたる検査となっております。ご不明な点は一度お問い合わせ下さい。







  • 機械・電気設備診断

    建築付帯設備である給排水管および分電盤や各種照明等の電気設備の劣化や破損状況・位置を調査し、現状の把握および今後の維持管理用の資料としてお使いください。また、機械・電気設備の省エネ診断も行っていますのでコスト削減や二酸化炭素排出量の低減方法も御提案致します。







ページトップへもどる

建築物設計

  • 耐震補強設計

    耐震診断を実施し、補強が必要な場合には耐震補強設計に進みます。補強設計では建物の使用状況を把握した上で、差しさわりのない箇所を選定し、少ない補強箇所で経済的・かつ効率よく補強をする補強案をご提案します。







  • 構造計算

    構造計算とは、建築・土木構造物などが固定荷重・積載荷重・積雪荷重、地震荷重などに対して、どのように変形し、またどのような応力が発生するのかを計算することです。鉄筋コンクリート造・鉄骨造・木造等の耐震診断から、擁壁・地下駐車場の検討まで何でもご相談ください。







  • 改修設計

    耐震基準適合証明書発行業務
    ・築25年以上の中古マンション購入
    ・築20年以上の中古一戸建て住宅購入
    上記に該当する方は購入前に一度御相談下さい。購入前に耐震基準適合証明書が発行された住宅には、買主にとって以下のメリットが発生します。 ・住宅ローン減税が使える住宅になります
    ・登録免許税が減税されます
    ・不動産取得税が減税されます

ページトップへもどる

© (C)2012 REGISTA Corporation. All rights reserved.